秩父サイエンスアカデミー~研究発表の部~が開催されます!

お知らせ

10月12日に開催予定だった「秩父サイエンスアカデミー~研究発表の部~」が延期され12月22日(日)に開催されることとなりました。

薬用資源の豊富な秩父の森や自然の力を学術的な面から理解いただき、自然への関心を深めると共に、活力ある地域の構築を目指して開催するものです。

 

秩父の薬木や秩父の自然をテーマとして研究を重ねた大学生・地元の高校生・小学生・社会人による研究成果発表と講演を行います。

詳細はこちらのチラシをご覧ください。

 

<発表>

1)日本薬科大学薬学部4年 高木翔太 「古土法」による秩父硝石の再現実験の検証

2)秩父市立大田小学校6年 高野莉音  緑のダム・・・森と災害の関係・・・

3)埼玉県立秩父農工科学高等学校3年 鈴村旭・蔦田和真・市川円香・笠原夕稀香

機能性に優れた「第三のみつ」の特産品づくり

-「農力」育成強化プロジェクト-

4)株式会社 秩父ハーブ研究開発 今泉学之 秩父産ハーブウォーター・精油の研究開発

5)日本薬科大学薬学部6年 黒子真希・倉持紀子

秩父産薬木(ホウノキ)の機能性について

 

<講演>

秩父の森(森は語る・これまでの取り組み、秩父の森は薬用資源の宝庫)

講師 NPO法人秩父百年の森 島崎武重郎 先生

日本薬科大学 教授 高野文英 先生

 

【お問合せ】

日本薬科大学 地域連携室

埼玉県北足立郡伊奈町小室 10281   電話048-721-6249