使う・作る

間伐材などの有効活用のために、どんな取り組みをしているの?

A.建築用材としての間伐材のさらなる利用促進を行っていると同時に、間伐材や今まで使われていなかった木質資源(木質バイオマス)の新たな活用方法を創出する取り組みがさかんに行われてきています。

 

間伐材健全な山の育成にはかかせない「間伐」。間伐材を利用することは、そのまま「山を元気にするために一役買う」ことにつながります。

 

間伐材といっても、形や質の良いものは、主伐材(最終的な木材の収穫のために行った伐採で得た木材)と同様に市場に出荷され、建築用材となります。

 

建築用材となるまでには至らない細い材(小径材)でも、昔から建築現場で使用する足場丸太、土木工事用の木杭などさまざまな形で使われてきましたが、時代の移り変わりとともに素材も変化し、これまで行われてきた形での間伐材利用は減ってしまいました。

 

しかし近年、木材の価値が見直されるとともに、森林整備の推進といった背景のもと、間伐材の利用促進への機運が高まり、全国的にも活発な取り組みが行われています。

 

さらに、木を加工する際に発生する樹皮や、山に捨て置かれた林地残材などの未利用木質資源(木質バイオマス)の新たな活用方法も広く注目されてきています。

 

もちろん秩父地域森林林業活性化協議会においても、これらの取り組みを後押し。こちらでは、支援事業の中から関連する事業をピックアップしてご紹介します。

 

 

切り捨て間伐による林地残材等を「木の駅」に出荷する

 

間伐材を使ったフェンス・門などのエクステリアをつくる

  間伐材や樹皮等で作った木質チップから、人工薪をつくる
木の駅プロジェクト事業   木質エクステリアの研究開発   木質チップの圧縮固形化マシン開発
木の駅プロジェクト事業   木質エクステリアの研究開発   木質チップの圧縮固形化マシン開発
         
間伐材を活用し、新たな工法で森林作業道をつくる   針葉樹皮を、果樹栽培のマルチング材として利用する   針葉樹皮を、舗装材として利用する
上影森橋立作業道作設事業   針葉樹皮を活用した果樹等の試験栽培   針葉樹バークチップによる舗装試験
作業道作設事業   針葉樹皮を活用した果樹等の試験栽培   針葉樹バークチップによる舗装試験
         
間伐材を含めた埼玉県産材でベンチキットをつくる   地域産木材や、不要木などで、オリジナル木製品をつくる    
県産材を用いたベンチキット整備事業   新規木製品等開発事業    
県産材を用いたベンチキット整備事業   新規木製品等開発事業    
         

 

 


■関連事業

林野庁ホームページ内「間伐等の推進について」

全国森林組合連合会 間伐ホームページ「豊かな森を育てるために」

埼玉県秩父農林振興センターホームページ内「間伐材の利用」

 

 

 

木質バイオマスは、なぜ地球にやさしいエネルギー源といわれているの?

●「木質バイオマス」ってなんだろう?

林地残材「バイオマス」とは、元来は生態学の分野で「生物量」もしくは「生物現存量」を表す言葉ですが、最近では、「エネルギー源としての生物資源」の意味を持つようになりました。また、政府が定めた「バイオマス・ニッポン総合戦略」では、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」と定義されています。

 

このうち、特に木に関するものを、「木質バイオマス」と言い、森の中にある木の枝葉、切り捨て間伐による林地残材、製材の際に出る樹皮や端材、建築廃材等の未利用資源など、その種類は多岐にわたります。

 

木質バイオマスは、燃焼によってエネルギーを発生する際、もちろん二酸化炭素(CO2)を排出します。しかし、地球温暖化の主な原因とされている石炭・石油・天然ガスなどの化石燃料から出るCO2は、地球に何億年もの間蓄積してきたものを新たに大気中に排出するのに対し、木質バイオマスから出るCO2は、光合成により森林や植物が大気中から吸収したものを排出するものです。

 

木は森林内に放置しておいても、腐敗して分解されたときにCO2を排出します。同様に、木は燃焼されCO2を排出しても、大気中のCO2の自然な循環の中でのことになり、理論上では地球上のCO2濃度は変わらないことになります。

 

このことから、木質バイオマスから得られるエネルギーのことを、「再生可能エネルギー」と言い、この安定したCO2の循環作用のことを、「カーボンニュートラル」と呼んでいます。

 

秩父地域においても、木質バイオマスの利活用に関し、環境基本計画やバイオマスタウン構想などの各種計画の策定をしている秩父市を中心として、活発に行われています。詳しい取り組みについては下記ホームページをご覧ください。

 

●秩父地域の木質バイオマス利用の取り組みについて詳しくはこちら

秩父市役所 環境立市推進課ホームページ

 

●身近なバイオマス燃料! 間伐材を利用した薪を販売しています

薪秩父の山を守る森林ボランティアグループ「秩父森づくりの会」では、秩父の山で間伐したスギ、ヒノキを薪に加工し、販売しています。間伐してから1年以上乾燥させた薪で、火の付きもバッチリ。薪ストーブや風呂焚き用、アウトドア用に最適です! 詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

秩父市役所 森づくり課ホームページ内「秩父の山の間伐材を活用した薪を販売しています!」

社会福祉法人 清心会 さやかグループホームページ内「薪の販売」

 

 

 


■関連情報

薪「森の活人たち」ページ内「安価で燃焼効率の良い薪ストーブの研究・開発」

林野庁ホームページ「木質バイオマスの利用推進について」

埼玉県秩父農林振興センターホームページ内「木質バイオマスの利用について」

森林・林業学習館ホームページ内「カーボンニュートラルとは」

 

 

 

 

自分でログハウスを作ってみたい!

A.荒川流域の熱き“素人”が集い、ログハウス制作活動をするボランティア団体をご紹介します!

 

「いずれ、自分の手でログハウスを作りたい!」

秩父・大滝地区を活動拠点とする「荒川源流ログ技士会」は、そんな想いと志をもった熱き“素人”が集まってできたボランティアグループ。自然豊かな荒川の魅力を再認識し、荒川の文化の発展に貢献するために、荒川流域のサポーター組織として、会員相互のログハウス技術交流、情報交流や啓発を図ることを目的としています。

 

間伐材を利用して、ログ式の休憩所やログベンチなどを定期的に制作していますが、ただ技術を磨くだけではなく、完成した施設やベンチは公共施設や福祉施設に寄贈するなど、地域への貢献を信念としている団体です。ご興味がある方は、荒川源流ログ技士会事務局(電話0494-54-2636)までお問い合わせください。

 

「荒川源流ログあずまや」の製作風景(当事業について詳しくはこちらをご覧ください)

ログハウス ログハウス

 

 


■関連情報

「森の達人たち」ページ内「人とのつながりを力に 未来へつなげる水源の森」(吉田進氏インタビュー) 

 

 

1 2

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林