「人とのつながりを力に 未来へつなげる水源の森」

人のつながりを力に未来へつなげる水源の森

秩父地域において、水源の森を守る活動を長年続けている「NPO森」。森林保全という枠にとどまらず、秩父の未来を見据え、地域資源を活用し、地域の活性化、さらには雇用の創出をも視野に入れ、現在も多岐にわたる取り組みを行っています。
「たくさんの人とのつながりがNPO森の財産なんです。」と語るのは、理事長である吉田進さん。今回、これまで行ってきた活動の数々と、経験の中から見出した、ボランティア活動を行う上での大切なことを教えてもらいました。
(取材日:平成25年12月26日)

 

もともと、森林組合から炭焼きの事業を引きうけたのが始まりだったんです 

 

NPO法人森はどんな経緯でつくられたんですか?

 

木炭工場の炭窯(角炉)

木炭工場の炭窯(角炉)

平成13年に旧大滝村森林組合が秩父広域森林組合に合併する際、組合が持っていた木炭工場(資料参照 PDFファイル:912KB)が赤字運営で、秩父広域森林組合としては引き継ぐことが難しいということになったんです。それで、当時の大滝村の前村長が中心となって当法人を設立し、木炭工場の運営を引き継ぐことにしたのがはじまりでしたね。それと、当時は滝沢ダムの建設が始まったばかりで、滝沢ダムさん(水資源開発公団)から大滝村が、「工事の際に木の根っこが大量に出るので、抜根処理に困っている」との相談を受け、旧大滝村森林組合にも話をしていたんです。それで、滝沢ダムの抜根と流木についても、木炭工場の炭化の事業として当法人で引き受けることになりました。根っこと流木は一般廃棄物の扱いだったので、その処理には許可が必要だったんですが、当時、NPOに関する法律(特定非営利活動促進法)ができたばっかりで、「それじゃあ、NPOの認定を受けて、一般廃棄物処理業の許可をとろう」ということになったのも、団体設立のきっかけになりました。

 

 

なるほど、最初はなかなか大変ないきさつがあったんですね。

 

 

もともと大滝は炭の生産地であり供給地だったんです。戦時中は、日本で一番生産量が多かったようですね。当時は農協を中心にやっていましたが、炭問屋も多くあって、大きい倉庫があちこちにあったとか。だから東京の方へ文化薪、木炭を供給する、一大生産地だったんですよ。

 

次に、NPO森の取り組みについてお聞きしたいと思います。これまでにどんな活動をされてきたんですか?

 

そうですね、色々やってきたんですが、こちらの活動の一覧表の中から順番にお話ししますね。

 

ひろがる炭の活用方法

 

  NPO森のこれまでの主な活動内容
  (平成26年3月現在)
 木炭工場の運営によるダムの伐根、流木の炭化処理、炭の活用支援・研究
 水源林整備およびシカ害対策の実験
 国立公園や河川の清掃活動
 滝沢ダム周辺の緑化活動への参画
 所有する山林での切り捨て間伐の実施、作業道の開設
 トンネル熟成焼酎の貯蔵、試飲会の実施
 荒川源流ログ技士会の設立、ログハウス・ログベンチの制作と寄贈
 水力発電勉強会の実施
  (その他、各種協議会や関係団体への参加・連携)

NPO森設立の発端となった先ほどの炭化処理事業では、さまざまな炭の活用方法についての研究も行ってきました。炭を建築用の床下調湿剤や、水質浄化剤の実験を行い、販売もしています。粉炭については農園へ提供して、土壌改良等の調査・研究をしてきました。提供先のひとつであるシルバー農園さんの土は、いわゆる「ねば土」というもので、もともとガチガチの粘土質だったんです。果樹には、ほくほくしたクッション性のある土がいいんですよね。足で踏みこむと沈むような土が。それも、粉炭もいれたことで改善しました。他のいちご農園さんにも提供して実験してもらったら土が良くなって、いちごが甘くなったそうですよ。そんな感じで、いろいろと調査・研究用として無料で提供してきましたね。

 

 

NPO森が所有する山で、「水源の森」の調査・研究を実施

 

針広混交林化施業実験の様子

針広混交林化施業実験の様子

NPO森では、秩父市大滝に17ヘクタールの山を所有しています。そこで、針広混交林の実験をしようと、過去、埼玉県に2年間調査・研究を依頼していました。私たちは基本的に木を伐ったあとは天然更新(自然に草木が繁茂し、森が再生すること)がいいと考えているんですが、それでは、「水源の森」というものは一体どういった形のものが一番いいのかを調べました。

 

 

実際にどんな方法で調査を行ったんですか?

 

人工林内で区域を決めて、皆伐をする場所、伐採率、伐採方法などそれぞれ条件を変えて間伐をする場所、伐採しない場所、さらに、土の上にあった葉や枝などを除去した場所、そのままの場所、というようにいろいろと条件を分けて、広葉樹含め草木がどのように進入してくるかどうかを調べたんです。土の中には、年代ごとに多種多様な草木の種が入っていますから、光が当たれば自然と芽は出るんですね。一年後にどんなものが生えてきたかを、植物学者を呼んで全部細かく調べました。それと、シカ害の調査も併せてやっていましたね。これは大学生と共同で実験・開発をしました。今後、この調査が何かの事業の役に立てばいいと考えています。

 

※調査資料の閲覧をご希望の方はメールにてご連絡ください。

メールアドレス:npo-mori@muse.ocn.ne.jp

 

国立公園や河川の清掃活動は、参加者の交流、情報交換の場でしたね

 

クリーンキャンペーンの様子

クリーンキャンペーンの様子

秩父環境管理事務所さんと一緒に、三峯神社の公園のクリーンキャンペーンを実施してきました。その他に河川清掃もやりましたね。清掃活動に参加するのは、地元の皆さん、独立行政法人 水資源機構、二瀬ダムの関係者、そして、秩父多摩甲斐国立公園を担当する環境省の自然保護官といった方々。この活動は、関係者の交流の場・情報共有の場という大きな役割を果たしています。行政の方は異動がありますから、私たちがそのたびに新しくきた方へ色々とアドバイスやサポートをできるかなと思うんです。人と人とをつなげるコーディネーター的な役割を担うのも、NPO森の重要な仕事だと思っていますね。

 

 

ダム周辺の緑化事業や、補助制度を活用した間伐、作業道の開設もやりました

 

管理事務所から委託を受けて、滝沢ダム湖岸の伐採、周辺地の緑化事業などもやりましたね。それに、国の森林整備加速化・林業再生事業として、補助制度を活用した切り捨て間伐・作業道の開設について県から話があったときに、私たちも手を挙げて、最初のほうは直営、その後委託で数年にわたり実施してきました。今後は、森林整備推進のための啓蒙活動に切り替えていこうと考えています。

 

地域活性化のために、「トンネル育ちの焼酎」をつくりました

まろやかに熟成されて、うまいんですよ

 

トンネル熟成焼酎の試飲会の様子

トンネル熟成焼酎の試飲会の様子

NPO森がもっている14ヘクタールの山の中に、滝沢ダムの工事用トンネルが3本あるんです。そのうち一本(長さ)300mのトンネルを当会で活用できるということになりまして。何か面白いことをやろうということで、トンネル内で熟成させた焼酎をブランド商品化して、地域活性化を図ろうという取り組みを始めました。このトンネル内は、気温15度、湿度90%という環境で、カビが生えないし、いい条件が揃っていたんです。

 

 

 

実際、トンネル内に寝かしておいた焼酎の味って変わるものなんですか?

 

トンネルの中で熟成した焼酎って、味がまろやかになるんですよ。東京農業大学の教授のアドバイスをもらいながら、自信をもって出せる良いものができました。数がないので限定販売になってしまいますが、源流郷おおたきで扱っていただけるようにもなりました。これまでに何度か試飲会をしてきましたが、最初は「本当にうまくなるもんかい?」って疑ってた地元の方からもお墨付きをいただき、評判は上々です。今後、さらに盛り上がって、皆さんにトンネルを活用していただくようにできればと思っています。NPOじゃあ商売はできないから、誰か手が挙げてくれる人がいればいいんですけどね(笑)

 

 


次のページ

未経験者が集まって、一からログハウス作り

大いに活用すべき資源である「水」。水力発電の勉強会を実施しています

大切なのは、いろんな場に出て「人を知る」ということ。それに、・・・

経験を積んだ人が教えてくれる、本当にためになる情報とは、「失敗談」です

私自身としても、止まることなくこれからも走り続けたいですね

 

1 2

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林