「秩父の国有林 ちょっと昔のはなし」

秩父の国有林ちょっと昔のはなし

秩父連山の奥の奥、そのまた奥には、深い森を抱く国有林が広がっています。秩父の林業を語る上で外すことのできない歴史を持つ国有林は、時代を超えて水源を守り、人々の暮らしを支え続けてきました。
さて、ここは秩父市浦山の細久保谷。数日前の雪も解けず寒さ厳しい奥山に、営林署時代からの古い山小屋がポツンとあります。年季の入ったドラム缶の薪ストーブで暖をとりながら昔話を聞かせてくれたのは、秩父市大滝出身の徳光さんと、秩父市浦山出身の中山さん。昭和30年後半から秩父営林署の職員として長きにわたって国有林を活かし、守ってきたいわば「国有林の生き字引」です。そして、現役で国有林の管理を行っている埼玉森林管理事務所の柴崎さんも加わり、懐かしい時代の山の話を聞かせていただきました。
(取材日:平成25年12月25日)

 

山で育った人間は、自然に山の仕事をするようになってたんだいな

 

そもそも皆さん林業の世界に入るきっかけはなんだったんですか?

 

インタビューの様子

薪ストーブを囲んで

<中山>

昔はそれぞれの家で代々山仕事をやっていたから、俺も当然山に入るもんだと思ってたいなぁ。学校を卒業すれば長男は家へ残るもんだったから。みんな百姓と山仕事が専門みたいなもんだったいね。俺が中学校を卒業してすぐのころ、親父が県造林で炭焼きとかの仕事をしてたから、親父の手伝いでに山に行ってたいね。営林署に入ったのは昭和38年か。学校卒業して他所に勤めに出ていった人も多かったけど、俺らの世代はみんな、山で育った人間は、自然に山の仕事をするようになってたんだいな。

 

<徳光>

俺もほぼ同じだなぁ。俺は中津(秩父市大滝)の出身でさ。中学を卒業してからは自分の家の山で山仕事してたよ。当時、高校になんか出たのは学年でも一割ぐらいしかいなかったんべな。営林署に入ったんはクニさんより少し前だったいな。

 

営林署に入ってから、どのあたりで仕事をしていたんですか?

 

<中山>

昔は営林署も、地区ごとで担当区事務所ってのがあったんだよ。俺は浦山だから秩父担当区事務所だった。荒川担当区事務所、大滝担当区事務所とかっていくつもあってよ。昔は人も多かったから、その担当区に入ればずっとそこで専属だったいなぁ。俺なんかが辞めるちょっと前ぐれぇからは新規採用もなくなって、人が少なくなってからは助っこみたいなんであっちこっち行って一緒にやったなぁ。

 

昭和30~40年代にかけては盛大に山から木を出してたいなぁ

 

一担当区で人がどれくらいいたんですか?

 

<中山>

担当区でも造林関係が7~9人はいたかさあ。その他に治山、林道、土木のほうも人がいたし。臨時、日雇い、定期って雇用のしかたも分かれてて。結構にぎやかだったいな。俺が入って数年たったころだから、昭和40年~45年ごろか。そのころが人も一番多かったいな。内勤・現場作業員併せて、営林署全体で160~170人はいたで。

 

<柴崎>

全国で職員が7万人ぐらいいた時代もありましたね。先輩から聞いた話なんですが、昔は営林署にはいろんな業種の人がいて、それこそ山で木を伐って出す人がいれば、治山で石積み専門の人もいたとか。

 

<中山>

「石ンド」だな。

 

<柴崎>

それから家を作る大工もいて、電気の配線まで自前でやっちゃって。場所によっては医者とか看護婦さんもいたり、船乗りもいて自前の船で材木を運んでたって聞いたことがあります。昭和40年代は日本全体が木材で儲かってたってことだろうと思いますよ。

 

<中山>

何しろ現場に人がえらいてよぉ、昭和30~40年代にかけては盛大に山から木を出してたいなぁ。当時は賑やかだったで。林道もつくってて、木もバンバン出してるし。それぞれが飯場(はんば)、要するに山小屋だいな。そこに泊まり込んでやってたんだい。「山泊(さんぱく)」っつってなあ。俺なんかもやったよ。このへんは営林署だけでも3つ造林小屋があって、その下に業者の小屋があって、ホント賑やかだったなぁ。

 

昔の山小屋はその当時にさかんに作られたんですね。

 

<中山>

浦山にはもともと小屋自体はあったんだけんど、俺が山泊してたときできた小屋もあってよ。小屋建てる材料は山で現地調達。その場で挽いて、大工が建てたからそれなりのものだったで。景気の良いときでずいぶん木を伐ってたから、小屋にするぐれえの材には困んなかったいな。

 

「山泊」ってだいたいどのぐらいの期間行うんですか?

 

中山さんと柴崎さん

中山さんと柴崎さん

<中山>

仕事の内容にもよらいな。1か月のときもあれば、2、3か月かかることもあった。あんまり短けぇとかえって大変だったから、まとまった期間山に泊まるんだよ。冬はあんまり雪が降っちゃあできないから山泊してまでやるってことはなかったけど、年間の計画をこなすのに、暖かいうちは山の奥の方から作業していくわけだいな。真冬になったら近いところや日向山(ひなたやま:陽がよく当たる山)みたいなところを残しておいてやれるように。

 

 

食料、日用品の調達はどうしてたんですか?

 

<中山>

土日とか休みの日には山から下りてきて調達して、また背負い上げるわけだよ。みんな各々自分で必要なものを持ってきてなぁ。浦山じゃあ山泊んときの食糧っつうと、山の下には人家があったし、官舎もあって人がいたから、そこまでは引き売りみたいに商店の人が回って来てたんだいな。だから、食糧とかを頼んで買っといてもらうんだよ。途中でどうしても足りなくなったらそこまで取りにいけばいいしなぁ。

 

<柴崎>

やっぱり食料と水の確保は大事だったようですね。

 

<中山>

あとはやっぱり酒が付きもんだったいな。他のもんは忘れても酒だけは忘れなかったからなぁ(笑)

 

「山泊」じゃあ、日が暮れたら寝て、日が昇ったら起きる。そういう生活だったいなぁ。

 

「山泊」っていつごろまでやっていたんですか?

 

<柴崎>

営林署で最後まで山泊をやってたのは(大滝の)栃本にいた職員でしょうか。昭和50年代後半ぐらいまでだと思いましたが。

 

<中山>

そうだなぁ、将監(しょうげん)(峠)とか甲武信(こぶし)(ヶ岳)あたりでやったんが最後かさぁ。

 

<柴崎>

その頃まだ雁坂トンネルもできてなかったから、八王子を回って高速道路使って山梨県側から行きましたよ。当時、皆さんもう50代後半でしたけど、本当に頑張っていたなあと思います。その人達から「ずっと若いときからこうやって山仕事をやってきたんだ」って聞いたことがあります。

 

電気も通ってなかったと思いますが、大変だったでしょうね。

 

<中山>

それこそ当時は自家発電だい。水力発電所があってよ、それでやってたんだい。

 

<柴崎>

山泊の現場では沢を利用した水力発電所が活躍していたところも多いんでしょうね。入りたての新人の仕事は、水路にしている樋につまった落ち葉をとることだったって聞きました。

 

風呂なんかはどうしてたんですか。

 

徳光さん

徳光さん

<徳光>

やっぱりドラム缶風呂だよ。あれは底が熱くってなぁ。

 

<中山>

山泊じゃあみんなドラム缶だいなぁ。10月ごろになるともう寒くってかなわねぇで。

 

<徳光>

中津川も寒かったなぁ。造林小屋の下の沢まで顔を洗いにいくんだけど、道中寒くて髪の毛からつららが垂れてなぁ。

 

<中山>

そうだよ。浦山の集落だって水道がなかったころは、顔洗うのに水を汲んどくんだけど、朝になったら凍ってるから、水面の氷をぶっかいて顔を洗ったもんだで。日が暮れたら寝て、日が昇ったら起きりゃあいいんだから。そういう生活だったいなぁ。思えばよくやってたいなぁ。一年じゅう山仕事してよ。風邪もひかねえ、病気になったこともねえ。

 

体力がないとできないことですよね。山仕事で体力がついたのかもしれませんが。

 

薪をくべる中山さん

薪をくべる中山さん

<中山>

それがもう80歳近くになるわけだからなぁ。わきゃあねえで。

 

<柴崎>

山でやるいろんなことは、体で憶えないとできないことですよね。火を燃すことだってそのひとつですよ。お二人は夕立のときでも雨の中で火をつけられますからね。「寒いから火にあたるべえ」「でも雨降ってますよ」「せやねぇ(大丈夫だ)よ」っていってサっと雨の中で火をつけてましたから。びっくりしましたよ。山で働いてる人って器用ですよね。

 

<中山>

そうだいなあ。山ん中にあるものだけでどうにか考えてやらないといけねえからなぁ。

 

<柴崎>

営林署で現場仕事をやってた人は、口数は少なくても、手先が器用な人が多かったですよ。

 

 

 


次のページ

景気がいいときにはずいぶん木を伐ってたもんだいなぁ。

「木馬(きうま)」っつう木で作ったソリに材木を乗っけて、人力で曳くわけよ。

大滝じゃぁ、トロッコでずいぶん木を出したもんだよ

 

1 2 3

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林
  • 秩父市雇用創造協議会