「森を活かし、森と生きる」

森を活かして、森と生きる

既存の「伐る林業」に、カエデ樹液の活用という「伐らない林業」の新たな可能性を示し、持続可能な樹液生産に向けての積極的な活動が注目されている「秩父樹液生産協同組合」。
そして、秩父の山の将来を見据えて、森と人との結びつきの大切さを多くの人たちに唱え続けている「秩父百年の森」。2つの団体のキーパーソンであり、秩父の山の未来を想いつづけている島﨑さんに、お話しを伺いました。 
(取材日:平成25年11月21日)

 

山で飲んだカエデ樹液100%の紅茶の味が忘れられなくて

 

島﨑さんがカエデの魅力を知ったきっかけは何だったんですか?

 

本当に一番最初にカエデに出会ったのは、37~38年ごろ前になりますかね。大学時代、立山連峰に登ったときに、山小屋のおやじさんに紅茶をごちそうになったんですよ。それが普通のティーバッグで入れた紅茶だったんですけど、なんとも言えない深い甘さが香る紅茶で、たまらなくうまいものでした。砂糖を入れたのか聞いてみたら、マタギの人はイタヤカエデの樹液100%だっていうんです。びっくりしましたね。それ以来、どうしてもあの紅茶が飲みたいと思って、毎年立山連峰に行っては、その人を訪ねて、樹液の採り方なんかを教えてもらいました。

 

カエデ樹液の活用に着目し始めたのは、地元秩父に帰ってきたとき。商工会議所青年部に入って、秩父らしい新たな特産品をつくろうっていう取り組みをしていく中で声がかかってからです。そんな経験がありましたから、ぜひカエデで秩父の特産品を作ってみたいと思ったんです。

 

秩父のカエデにはどんな特徴があるんですか?

 

カエデ調査の様子

カエデ調査の様子

秩父地域には、日本にあるカエデ28種中のうちのほとんどが自生しています。これは、カエデが自生する南限、北限の境が秩父地方に位置しているためです。旧来、秩父の山では建築材や炭を作っていたのですが、カエデは「へいた」と呼ばれ、使われてきませんでした。また、かつて山はスギやヒノキの植林がさかんに行われてきましたが、大滝は急峻な場所が多く、そのため植林できない場所があり、幸いにもたくさんの自生のカエデが残っているんですよ。

 

 
カエデの樹液採取

カエデの樹液採取

どの個体がどこにどのくらいあるのかもだいたい把握できてきましたね。樹種別に例を出すと、秩父にたくさん生えているヤマシバカエデは、あまり太くならないんで採取には向いてないんですが、試験的に採ってみたら、これがおいしいんですよ。ヒナウチワカエデもおいしいけど、成長がゆっくりで個体数が少なく、秩父でも一部しか自生していない。あとはウリハダカエデもうまいですね。昔川があって、川が下がってできたような水はけのよい尾根によく生えています。種類が多いということは、それを使ってできる商品のバリエーションも増えるということになりますから、これは秩父でしかできない、秩父だけの売りになるかなと思っています。

 

秩父発、“五感”に訴えかける新しい林業の形

 

去年(2012年)、山に生えているカエデの木の下から生えている苗700本を里に下して育てています。そのまま山で育ててもシカの餌になっちゃうんですよ。そして、ある程度育てたら、また山に返すんです。地元の山で何百年も生きてきた木から種をもらって、育てる。大事なのは、その土地の植生のことを考えても、苗は外からもってきちゃいけないということ。山の中で循環させるべきなんです。そうすれば、何も苗を買ってくる必要はないでしょ。しかも、質の良い、おいしい樹種を選んでいけばいいわけですね。

 

あくまでも地元産というこだわりを持っているということですね。 

 

秩父のカエデ樹液で作ったサイダー

秩父のカエデ樹液で作ったサイダー

そうです。これは秩父じゃなきゃできないことだし、やっぱり地の利をしっかり生かしながらやりたいことです。たくさん植えたカエデは、秋は紅葉できれいだし、名勝になれば、観光客も来てくれます。山を彩るカエデを観て、触れて、風にざわめく葉擦れの音を聴いて、さらにメープルの香り、味を楽しむ、まさに「五感」に訴える林業ができるということです。観光客の方は、そこでなければ経験できないものがある場所へ、行く価値を見出しいていると思います。そこに、従来の林業関係者も視線を向けていければいいですね。

 

カエデを育てるのは、スギやヒノキのように、下刈りをやったり枝払いをしたりというような手がかかるものではありません。もっとも多少の手入れは必要ですが、苗を育てる手間が主になるわけです。それを、NPO団体などがお手伝いすることによって、高齢化で悩んでいる林家を救っていこうと。

カエデの苗畑

カエデの苗畑

でも、そこには学問的な裏付けが必要になります。それに、こういった分野の研究をしている大学と連携すれば、自分たちがやっている研究を実際の社会に活かせる面白さを感じることもできる。まさに、地域性と学問的な専門性が連携する一つのチームになればいいですね。現在の林業では、この「地域性を活かす」ということが、面白いのと同時に、難しいことでもあるのだろうと感じていますが、そこに答えがあると思っています。

 

 

 

大滝の林家の皆さんとはどういったきっかけで出会ったんですか?

 

これも商工会議所青年部のとき、入川渓谷トロッコ軌道跡(秩父市大滝)をどうにか地域振興に生かせないかと持ちかけられたときの話になります。荒川源流の起点のところにちょっと広い場所があるんですが、そこに山小屋を建てて登山の基点にし、トロッコを復活させて観光地化しようというような話になったんですね。その企画を、当時の大滝村にもっていったんですよ。土地所有者である東京大学の秩父演習林にも理解をもらおうと話をもっていったとき、今一緒に活動している仁多見先生(東京大学准教授)がいたんです。で、先生も、「それは面白いから自分も参加するよ!」と言ってくれました。そして、当時の大滝村議会の議長だったのが山中敬久さん(秩父樹液生産協同組合長)。山中さんも、このままでは大滝もどんどん過疎化が進んでしまうから、なんとかしたいという思いをもっていまして、そこで大滝に「千年の森委員会」ができたんですね。事務局には、今の秩父樹液生産協同組合のメンバーのうちの何人かがそろっていました。

 

 

 


次のページ

みんな思ってたんです。林業はこのままじゃだめになるって。

森を通じて、子どもたちが秩父を誇れるように

1 2

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林
  • 秩父市雇用創造協議会