「今、”木を売る”ということとは」

 

太い木=必ずしもいい値がつくというわけではない

 

ヒノキ

森林のサイクルってありますよね。植付け、下刈り、枝払い、除伐、間伐、主伐、そしてまた植付けと循環していく。これが本来の形でまわっていけば、適切な時期に木を伐採していけるわけなので大径木は生まれないはずなんです。今、ちょうどいい太さに成長した木を伐る時期にきているんですが、伐るにしても、また再造林するにしても経費がかかりすぎてしまう。それに、シカの害がすごいんですよ。ちゃんとした対策をとらないと、苗を植えたら食べられてしまう。あとは、後継者の問題ですよね。自分が植えても、次の世代で世話できないと植えても意味がないと考える人も多いです。そんなことが理由で、森林のサイクルが途絶え、そのまま長伐期化して結果として大径木が増えていく、ということなんです。そのため森林組合では、森林所有者さんに代わって森林のサイクルを動かしていくためにも、なるべく森林を集約化・大規模化したうえで、高性能林業機械を入れてコストを抑えつつ、森林施業を行っています。

 

もっとも関西の方では、林業も歴史が古いですから、良質な大径木生産を行う仕組みは確立されていますね。社寺建築でかなりの需要がありますし。秩父でも時折、三峰神社の敷地内の木が落雷、台風、雪折れなどで被害があると伐採して競売にかけるんですが、樹齢何百年という巨木ですから、かなりの高額で売買されますね。関西方面からの買い付けも多いようですよ。

 

集約化による施業を進めているということですが、森林所有者さんと交渉するときにはどんな反応がありますか?

 

森林施業

これまでは、集約化はほとんど間伐などの森林整備が目的でしたので、森林所有者の方も「手入れはやっておいてもらったほうがいいからなぁ」っていう程度の認識でした。今は、木を伐ってどんどん出していく時期に来ているわけですが、森林所有者さんが生きているうちに、自分の山の木を自分で売ってお金にするということは現実としてかなり難しいですよね。木を売ることへの意識も低下していますし。そこで、森林組合が「森林経営計画」を立てて木を売ることで、少ないながらも森林所有者さんにお金を返せるということになると、何十年も育ててきた木が売れてお金になるわけですから、やっぱり喜んでもらえますね。だから、賛成してくれる方は多いですね。森林組合から話を持ちかけるとき、うわさに聞いて、「じゃあうちもやるよ」って言われることもあります。さらに情報の共有を進めていければいいですね。

 

 

秩父の山は急峻ですけど、見渡すと本当に「あんなに上までよく植えたなあ」って驚くところまで木が植わっていますよね。そういった場所からも木は出せるものなんですか?

 

もちろん出す方法はいくらでもあるし、技術的には可能です。ただ、やっぱりお金がかかってしまうものですからね。コスト的に合わないところはちょっと厳しいですね。秩父は奥にいけばいくほど急な山や谷が多くなりますが、昔は人の手で木も出すからどんなところでも植えたわけですよ。木の値段もよかったから、一日働いて一人で木を一本でも二本でも出せれば、それを売って食べていけたんです。でも今は、木材価格が低迷しているほかにも、森林所有者が高齢化している、さらに後継者がいない、世代が変わって、自分が所有している山のことは全然わからなくなってしまっていることが問題になっています。とにかく山に係る人がどんどん減ってしまっているのは憂慮すべきことですね。

 

森林施業

木の値段が上がること以外にも、山にもっと多くの人たちの目を向ける魅力を創っていければいいですね。豊富な森林資源を活用できる方策や仕組みが求められています。山での仕事が増えれば、地域の雇用も生まれるし、若い人が戻ってきて、過疎化にも歯止めがかかる。林業もかなり専門的な分野であるのと同時に、独特な世界ですから、なかなか足を踏み込めないところもあるんでしょうか。とはいえ、林内での作業は危険が伴いますから、素人が自分でも木を伐って出せるだろうと考えることは避けてもらいたいですけどね。

 

 

現状では利益が望めなくても、山を健全な姿に保っていれば、いずれ木を出せる機会がめぐってくるかもしれませんね。

 

現状では木を売って利益を出すことが難しいところでも、間伐などをやって山を健全な状態に保つこと、つまり「森林保全」へと視点を変えて考えていければ思います。森林整備には補助金を活用できますから、森林所有者への負担もそうはありません。だから、「手入れしてないのであれば、とりあえず間伐をしておいてはどうですか?」とおすすめするわけです。そうやって森林整備を進めておけば、先ほどもありましたが、その近くで木を出すから一緒にやれる、という流れにもなるかと思うんですね。森林組合にはあらゆる山の情報が集まってきますから、うまく調整して、地主さんに提案していくというのも、森林組合の役割かもしれないですね。

 

 

「ちちぶ木の駅プロジェクト」始動!平成25年度支援事業

 

秩父でも「木の駅プロジェクト」が始まりましたね。これについて教えていただけますか?

  

08_04_08_kinoeki01「木の駅」の取り組みは全国的に広がりをみせていますが、秩父広域森林組合でも試験的にやってみようということになり、「ちちぶ木の駅プロジェクト」をちちぶ定住自立圏の平成25年度支援事業として認定していただきました。これまで放置されてきた根曲材や端材を、和同開珎(秩父商工会議所発行のコイン型商品券のこと)で買い取ります。

 

 

 

08_04_07_kinoeki01

「木の駅」って、地元の人には喜ばれて、地元の商店街も賑わい、さらに山も手入れがされるという一挙三得の事業なんですよ。現時点では、他の地域に比べてもかなり広域的にやっている例になるようですね。多くは一部地域限定でやっていて、地域振興券(モリ券)を使える店舗数も10~20か所程度で、利用用途も限定されているとか。今回は秩父商工会議所のコイン型商品券「和同開珎」を活用させていただくのですが、加盟店も秩父市内で約450店舗(インタビュー時)ありますので、かなりお得ですね。

 

若い人に山への関心をもってもらうきっかけになれば、との思いで始めたところもあります。秩父地域では森林施業者も高齢化が進んで、後継者不足が問題視されていますし。それにいい木は山から出すけど、悪い木は出されることなく放置されてしまうことも多く、もったいないですよね。だから、今まで林内に放置してしまっていた木がいくらかでもお金になるのであれば、結果として山もきれいになっていくんじゃないでしょうか。

 

買い受けた材はどういった使われ方をするんですか?

 

今のところは、いったんおが粉にしてから、最終的にキノコの菌床栽培用などに利用する予定ですね。形は変わるけれど木自体を再利用するということです。キノコの収穫後は、そのまま自然にかえすことができます。原木とはまた違う形で、秩父の山の木で育つ秩父産キノコをつくることができるわけです。木は多少古くなっていても大丈夫です。腐ってなければ、伐って1年ぐらいたった木でも問題ないですね。

 

今後、参加したいという方はどのような手続きが必要ですか?

 

磯田彰さん

磯田彰さん

秩父広域森林組合事務所にお越しいただいて、個別で打ち合わせをした後、提出書類を書いていただき、メンバー登録していただきます。随時受け付けていますのでご相談ください。また、ちちぶ木の駅プロジェクトは個人限定になります。現在(平成25年度当時)は試行的に行っていますが、今後も継続して実施していければいいですね。ぜひとも応募していただきたいと思います。

 

 

 

現在取り組んでいる「ちちぶ木の駅プロジェクト」の状況についてはこちらをご覧ください。

 

 


■関連情報

秩父広域森林組合

「森の活人」支援事業紹介

木の駅プロジェクトポータルサイト

ちちぶ木の駅プロジェクト

森の達人たち

 

1 2

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林