「信頼が創り上げる 秩父材の家」

h3_master_0801
森の木は、山から伐り出されたのち、製材されて、住宅用の建材へと生まれ変わります。昔から、暮らしにもっとも身近な素材として日本人と共に生活してきた森の木。最近は、木が持つ様々な良い効果が注目され、「木の家」への関心が高まっています。
「秩父で家を建てるなら、地元で育った木をつかうのがいちばんです。」と話すのは、秩父産の木材を使った家づくりをしている丸山工務店の廣瀬さん。木が持っている機能を十分活かし、自然素材と組み合わせて、住んで心地良い家づくりを目指しています。地域振興の様々な取り組みにも参加し、日々、積極的な活動を行っている廣瀬さんに、今回は木でつくる家についてのお話を伺いました。
 

 

木材と自然素材(漆喰や珪藻土など)とを組み合わせて使うことで、花粉症などのアレルギー症状やインフルエンザの発生を抑えることができます!

 

今回は、丸山工務店さんのモデルハウスにお邪魔しています。床が気持ちいいですね!なんだか温かみを感じます!

 

モデルハウスには秩父の木がふんだんに使われています

モデルハウスには秩父の木がふんだんに使われています

このモデルハウスは、スギの無垢(ムク)材を使っているんですよ。子どもさんが素足で元気に遊んでくれます。

 

床の無垢(ムク)材とフローリング材を並べて温めてみると、明らかに無垢(ムク)材の方が熱を蓄えるんです。長い間、暖かい状態が保たれます。健康には、足のくるぶしから指3本上の部分を冷やさないことが重要だと言われています。足元が暖かいというのは、健康にも良いことだと思いますね。 

 

例えば、日当たりのよい間取りの設計ができると、昼間に熱を蓄えて、夜放出させることもできます。このように、室内に取り込んだ熱の使い方を考えた設計手法を「温熱環境設計」といいます。詳しくは後ほどお話ししますが、室内の壁や床がある程度熱を蓄えてくれる素材でないと暖かさを持続することができません。そのため、蓄熱効果がある木は素材として最適なんですね。

 

逆に、夏は家の中が暑くなってしまうんじゃないですか? 

 

熱を蓄えると木の性質を利用して、家の外部にすだれや木の格子、ルーバーなどを取り付けることで、室温に影響する熱を遮断することができます。夏の熱(日射)を室内に入れない工夫で、涼しく過ごせます。また、木は湿度の調整もしてくれますので、梅雨のじめじめした状態や冬の乾燥状態を和らげてくれます。木は、お部屋を快適な状態に保ってくれるんですね。

 

なるほど。このモデルハウスは、ただ開放感のある空間になっているだけではなく、お部屋の温湿度調整のことも考えられているんですね。それに、木と漆喰の組み合わせは目にも優しいなと思いました。 

 

開放的な空間に、木と漆喰の壁がとてもよく調和しています

開放的な空間に、木と漆喰の壁がとてもよく調和しています

弊社では、九州の赤貝を材料とした漆喰を使う場合があるんですが、赤貝の漆喰は有害物質を吸着し、イオン分解をするようです。例えばマジックで落書きをして放置しておくと、2~3か月で消えてきます。自宅で実験しましたが、6か月でほぼ無くなりましたね。

 

以前、アレルギーの方がいらっしゃるお客様の家で漆喰を選んでいただきました。お家が建ってから、頭が痛い、気分が悪いとならないために、使う前に漆喰を枕元に置いて数日間寝ていただいたんですが、熟睡できたことがわかった上で漆喰を使ったところ、アレルギー症状が軽減されたと伺っています。今では、ネコちゃんも一緒に暮らしているようです。

 

木材と自然素材(漆喰や珪藻土)を組み合わせて使うことで、花粉症などのアレルギー症状やインフルエンザの発生を抑えることもできます。私も花粉症なので、帰ってホッと気持ちが落ち着く家って良いですよね。自然素材を最初に使用したお家の見学会で、アレルギーをお持ちのお客様から「家に入った時の空気が違うね!」と言われました。

 

自然素材が持っている特徴を上手に活用することで、アレルギーに過敏な方々の生活も楽しく快適に変えられます。今後も、様々な自然素材のデータを検証したいと思っています。

 

「木は燃えやすい」というイメージがありますが、実は逆なんですよ。

 

木が持つ機能についての話になりますが、木造の家というのは、火事になったとき、じつは鉄筋や他の素材を構造に使った家よりも、崩壊までの時間が長いという研究結果もあるようです。

 

構造材として使う木は、燃えて表面に炭化層ができると、そこから先は燃えにくくなります。「木は燃えやすい」というイメージは、実は逆なんですね。鉄骨は高温で柔らかくなり、急激に強度が低下して崩れ落ちます。木材は柔らかくなることはありませんので、建物が崩壊するまでの時間が長く、その分逃げる時間があるということです。(コンクリートや鉄骨の建物は、熱で強度が無くなると瞬時に崩壊します。)

 

それに、有毒ガスが出ないので、中毒で倒れて逃げ遅れる、という危険を回避できます。木材の壁に火を当ててどれぐらいでガスが発生して燃え始めるかという実験をした方がいるのですが、結構な時間が経たないと煙がまわらないことがわかっています。ビニールクロスの壁ですと接着剤、ビニールからガスが発生します。クロス素材を使う場合、天井を少し高くして煙が充満する時間を確保する工夫も考えた方が良いですね。

 

今は建築基準法などで木造住宅にも厳しい安全基準が設けられていますし、火災で壊れてしまう昔の木造住宅とはずいぶん工法も材料も違いますよね。

 

「断熱性能と、安全性のバランスを考えることが大事です。」

「断熱性能と、安全性のバランスを考えることが大事です。」

業者さんによっては、認定を取得して燃えない木材(不燃材)を扱っている方もいます。ただ、室内で燃えるものは木材だけではありません。壁の中に入っている断熱材の種類も、安全性に影響します。 

 

ウレタン系の断熱材はガスが出るので、弊社はあまり使わないようにしています(最近は、有毒ではないガスになってきているようです。)。断熱性能が落ちてもダメですが、ガスが出るのも困る。ご家族と相談して納得していただけるものを選んでいくわけです。お子さんがいるご家庭では、耐火材やガスが出ない素材を選びたいという希望が多いでしょうか。

 

 

「山(環境)だけでなく、自分にもメリットがあるから地域材を使う」ということ 

 

「温熱環境(※)設計」を取り入れたきっかけはどんなものだったんですか?

 

ヒートショックで年間15,000人もの方が冬場の入浴前後、夜中のトイレで突然死されていることを知りました。それで、「これは家づくりを見直さなければ」と考えていたときに、「温熱環境設計」に出会いました。それまでも弊社は、断熱材にこだわりを持っていたのですが、各断熱材メーカーさんのデータを比較している程度で、お客様に上手に説明ができなかったんです。

 

温熱環境設計に出会って、「この設計なら室内温度を夏場は○○℃以下、冬場は××℃以上にできます」と最初に言い切ることができるようになりました。健康維持のために温熱環境設計を活用し、お客様が納得する素材を選び、設計を進めていきます。結果として、木や自然素材が選ばれる機会が多くなりますね。

 

さらに一歩進めて、温熱環境設計と太陽光発電を組み合わせた「ローン・なしの住宅」もできるようになりました。温熱環境設計では、家の建つ敷地環境(風・光・隣の建物との関係など)を調査し、窓の位置や大きさ、建物の向きなどを決め、地域に適した断熱性能の材料を選んで設計します。家づくりにかかるコストを抑えつつ、計算された断熱性能の良さから省エネ化を図って光熱費を削減する。太陽光発電による売電収入と月々のローンをイコール以上にすることで、ローン返済期間の短縮ができ、家庭生活に余裕が生まれたりします。

 

昨年完成したお家では、外気温、壁内の温度、室内温度の年間データの収集を開始していただきました。計算上だけでなく、実際の光熱費の削減や住み心地の良さを数値で表すためにご協力いただいています。

 

今までは、家を建てるためだけにお金を払っていましたが、環境にやさしく、生活を楽にすることができるというのが、理想的な仕組みです。一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

地域材を使うこだわりについてはどのように考えていますか?

 

木材を使う場合、日本と異なる環境で育った外材を持ってきて使うより、やっぱり地域材が良いと思います。その土地で皆さんと共に育ってきた木、気候に合った木で作った家は、やはり長持ちします。

 

人工林の現状への理解はとても大事。だけど、まずは自分の暮らしを考えてから。

人工林の現状への理解はとても大事。だけど、まずは自分の暮らしを考えてから。

お客様の中には、「森林の循環」のことに理解があって、木をつかうことは大切だと思っている方が多いです。素晴らしいことです。それでもいざ実際に自分の家に使うとなると、山だけでなく自分にもメリットがないと一歩踏み出せないようです。

 

そこで、先ほどの木が健康へ良い影響を与える、木の香りや木目の癒し効果があるといったところが決め手になると思うんです。もちろん、予算的なこともクリアしなければなりません。

 

「環境のためにも、山のためにも、地域産木材を使いましょう」という入り方は理想ですが、「自分の暮らし」に余裕があってのことですよね。まず自分のお家をつくることを考え、結果として、環境も、山も良くなる、というのでいいと思います。無理せず使える場所に少しずつ木を使っていけば、森の環境も少しずつ良くなるのではないでしょうか。

 

私自身としても、COの削減に協力できるようにもっと地域材を使っていただきたいのですが、それには流通が不安定という別の問題もあるかと感じています。また、工務店が説明しやすい木材の研究データも不足していると思います。全国で木材の様々な実証実験がされていますが、木材と健康の関係の実験データがあれば、家に木を使うことで医療費や介護費の負担が少なくなるという新しいメリットを理解され、使われるようになるでしょう。

 

そうすれば、もっとお客様に木の家を勧めることができるということですね。

 

そうですね。弊社では、温熱環境設計ができるようになりましたので、これからは素材ですね。素材をさらに研究し、特徴などを把握した上で選べるようにしたいと思います。

 

「秩父杉の家:絆」の外観。外壁やルーバーにも秩父のスギを使用。

「秩父杉の家:絆」の外観。外壁やルーバーにも秩父のスギを使用。

大手のメーカーさんが「これ良いですよ」というものを、「そうなんだ」と思い、ただ使うだけでなく、我々が説明して、お客様が納得されたものを使うといった流れが一番良いと思います。そういう意味では、地域産の木材の信頼性をどう上げていくかもこれからの課題です。 

 

 

※「温熱環境」とは

環境省のエネルギー対策等級のこと。暖房器具に使用するエネルギーの削減のために断熱化等による対策の程度を、「等級4〜1」で表示する。等級が高ければ、それだけ建物の断熱性が上がる(暖冷房費を節約することができる)。また、等級が高い住宅に対しての様々な補助・助成制度が近年増えている。

 

 


次のページ

お客様に信頼していただいてから、時間をかけて家を創っていきます。

家に使う木材に関しては、製材屋さんとお客様との考え方のギャップをうまく調整するのが私たちの役割です

がんばっている地域の工務店さんの多くは、それぞれの得意分野を持って特色を出しています。

人も森も、循環の中でうまく回っていくんだと思うんです

 

1 2

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林