「木と糸が紡ぎあげた 私のちちぶ暮らし」

秩父神社の近く、かつて秩父織物の繁栄を支えた買継商(かいつぎしょう)通りにある建物の一角に、小さなお店があります。お店の中には、古材でつくられた手作りのかわいい食器などの木工品、世界中の様々なおもちゃなどがあり、大人も子どもも心が躍ります。昔から変わらない古い建物を活かした、とてもおしゃれで心地よい空間です。
「百果店ひぐらしストア」店主の足立由美子さんは、日々の暮らしの中で秩父の自然や木の魅力に触れて以来、木工品、おもちゃ、さらには秩父の織物文化を通じて、地域の人と人とをつなげる場を創る活動をしています。秩父地域で広がりをみせる「木育」の取り組みでもご活躍されている足立さんに、これまでのさまざまな取り組みについてお話を伺いました。
(取材日:平成30年1月26日) 

 

ニューヨーク・マンハッタン暮らしから一転、秩父の山奥に引っ越してきました

 

今日はよろしくお願いします。まず最初に、足立さんは秩父に移住されてきたと伺いましたが、秩父に住もうと思ったきっかけを教えてくれますか?

 

夫と私はアメリカでの暮らしが長くて、今から20年ほど前に帰国を決めた際には、ニューヨークみたいな都会ではない、人があまりいなくて静かなところで暮らしたいと思っていました。

 

最初は場所にもこだわりがなくて、インターネットで国内を手当たりしだい探していましたね。ただ、母親が埼玉県内にいましたので、アメリカから帰ってきたときに、そこを拠点として探すとなると、例えば山梨とか、県内だと秩父とかだなと考えていました。あまり遠いと現地まで行って物件を見ても、気に入らなかったら無駄足になってしまいますからね。

 

秩父は子どものときに遠足で来た記憶があったし、一時帰国したときにも、長瀞に遊びに行ったりと思い入れがありました。それで山奥の古民家が気に入って、購入して住むことにしました。あとはやっぱり、東京に近いっていうのも理由としては大きいですね。

 

秩父に来てからはすぐにお店を立ち上げようと思っていたんですか?

 

正直、こっちに来てからは何も考えてなかったんです。当時はノープランで行き当たりばったりな暮らしをしていたので、最近もよく「移住者の声」でアドバイスを下さいって頼まれることも多いんですが、中々いいことが言えなくて(笑)。でも、秩父に縁があったってことですね。

 

森や木と寄り添う暮らしの中で、
「木って面白いな」って感じるようになったんです

 

木工に出会ったきっかけは何でしょう?

 

周りを自然に囲まれた暮らしが始まって、森や木々を身近なものに感じるようになりました。田舎暮らしをするにしても実は一つだけ条件があって、海の近くではなくて、山や川の近くがいいと思っていました。そうなると秩父はぴったりだったんです。山に住んで、自然の中で朝起きて、日々を過ごすということがしたかったんですね。

 

購入した古民家ですが、住んでみたらとても住み続けられないほど古かったので、結局建て替えをすることになりました。そのときに大工さんから、「木が生きている」、「木が泣く」とか、職人さん独特の感覚での木の捉え方を教わって、面白いなって感じたんです。

 

木工の材料は解体した家の古材

解体した家の梁など大きな材木は新しい家に再利用したんですが、古材がたくさん出たので、これを使って何かできないかなと考えるようになりました。

 

購入した民家は築100年だったんですが、古い家に使われていた古材って、その前の建物に使われていたさらに昔の古材である場合も多いんですよ。使われていないホゾ穴とかがある柱があったりして。

 

家が100歳でも、材木は200歳かもしれないってことですね。

 

昔から木材は再利用されてきたんですね。時代が変わっても、使えるものを使っていくって、とっても自然なことだなと思います。古材は年数を経て見た目も味がでますし、防腐剤が使われていないので食器にしても安全だし、いいことがいっぱいあるんです。さらに、自分の家で調達できるので輸送費もかからないし、これって本当にエコな素材だなと思ったんですね。

 

手作りの木のお箸とスプーンが幼稚園で好評で、
「これでいこう!」って思い立ちました

 

子どもが幼稚園に入るとき、お箸とスプーンを持っていく必要があったのでお店に買いにいったんですよ。でも、キャラクターものの、プラスチック製の商品しか売っていなくって。「しょうがないかな」と思っていましたが、あれって使っていると絵が剥げてしまうし、ちょっと気になっていました。それで、ふと夫に、「家にある木で作ってよ」って頼んだんです。

 

旦那さんは工作関係が得意だったんですか?

 

ご主人の志次磨(しじま)さん

もともとテキスタイルデザインを手掛けたり、アーティストとして絵も描いてまして。平面美術のほか、彫刻などもやってたんですが、木はまったく専門外で。

 

秩父には特に働き口があって来たわけではなかったので、夫も「何かやらないと」って感じていたとは思うのですが、比較的自由な時間があったので、近郊の職業訓練校で木工家具制作の半年コースを受講しました。その後、県内の授産施設(障がい者の方が支援を得ながら自立する能力を身につける施設)に木工部があって、そこで利用者さんたちに木工の指導をしながら、自分の技術も磨いていました。

 

その頃は、夫の中でも、「やっぱり自分で何か作りたい」っていう気持ちが強くなっていた時期だったと思います。

 

そうしてできたお箸とスプーンが、幼稚園の先生やお母さん方に、「それいいね~!」っていわれて好評で。それで調子に乗って、「ヨシ、じゃあ、これでいこう!」という流れですね(笑)

 

暮らしの変化に伴って、縁あって秩父の街なかへ

 

お店もその頃からはじめようと思ったんですか?

 

ツグミ工芸舎の子ども用スプーン

お店はもう少しあとですね。2009年に「ツグミ工芸舎」を立ち上げて、都内などで古材で作った食器を販売するようになりました。当初はお店を構えようと思っていなくて、ホームページを作って、イベントでの出展販売や、委託、買取販売などが中心でした。

 

その何年かあと、上の子が通った近くの小学校が閉校することになったんです。別の学校に下の子を通わせることも考えましたが、そこもいずれ閉校する噂がでていたので、子どもが6年間落ち着いて通える学校が近くにあるところで暮らしたいと思い始めたんですね。

 

それに、時折「ツグミ工芸舎の工房を見に行きたい」って連絡をいただいて、わざわざ遠方から来ていただけるお客さんもいたんですが、何せわかりづらいところですし、山の上だと携帯電話もつながらなくて、皆さん迷ってしまったりということもよくありました。
そんなときに、縁あって今のお店がある建物に出会ったんです。

 

誰でも気軽に遊べて、お母さん達が集える場をつくれたらと思って、自宅を開放しました

 

この建物も、古くて趣があって、とても雰囲気がありますよね。

 

古い長屋という建築にとても魅力を感じたのと、ここなら学校がなくなることもなく、親も子も安心していられるし、お客さんが迷うこともないかなっていう理由で決めました。2012年の初めに街なかへ引っ越してからは、お店もちょっとずつはじめました。山奥の家はまだありますし、工房もそちらなので、山と街を行ったり来たりの生活をすることになりました。

 

ほっと落ちつく「ひぐらしストア」店内にて

実は秩父へ移住してきた頃、山奥だから、子どもたちの遊べる友達や場所がいつも同じに限られてしまう悩みがあって。

 

秩父の外から来て、結婚して、子どもを産んだお母さんは、最初遊ぶ友達もいないじゃないですか。児童館に行っても地元のお母さんたちの輪に入れなかったり。だから、そういうお母さん方含め、誰でも気軽に遊べるところがあればいいなとは思っていました。

 

そういったきっかけを自分が作ることができれば素敵だなって思うようになって、それで、まずは自宅を開放して遊べる場を作りました。おせっかいですけどね。思えば、これが今やってることにつながるきっかけになったんですね。

 

 


次のページ

東京おもちゃ美術館にすごく共感して、「私たちも同じことやってる!」って嬉しくなりました

「おもちゃの広場」の回数を重ねるうちに、もっと多くの人に伝えたいなと思うように

おもちゃを通じて人がたくさん集う場がつくれることを形にしたくて、「秩父版・木育キャラバン」の開催を決意しました

秩父の木材と秩父銘仙とのコラボレーション、秩父への想いがつまったおもちゃ「TUMICCO(つみっこ)」が誕生!

秩父産木材でつくられた卓上織機、「ORICCO(おりっこ)」

秩父の伝統が、秩父の外からも支えられているところを見て

時代の流れの中で新しい価値観を提案していけば、本当に良いものを再発見するきっかけになるかなと常に思っています

1 2 3

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林
  • 秩父市雇用創造協議会