秩父の木が家になるまで

木を使った家ってきもちいい!

秩父産木材を多用した家の例

house030002

 

気に入っていただけて良かったです。ここの床は秩父産のスギの「」(むくざい)を使っていまして、素足で歩くと本当に気持ちが良いから、特にお子さんに大人気なんです。他にもいろんな効果があるんですよ。

 

木は呼吸する素材(調湿作用)

学校を木質化したら結露が出なくなったと聞いたことはありませんか?木や喰(しっくい)などの自然素材が湿度変化に応じて吸放湿を繰り返し、室内の湿度調整をしてくれているんです。

木材と自然素材を組み合わせて使うことで、花粉症などのアレルギー症状やインフルエンザの発生を抑える効果があるとも言われています。

 

木材と漆喰との組み合わせ

 

夏は涼しく、冬は暖かく(断熱作用)

house030201

木材の細胞のひとつひとつは熱を伝えにくい空気を含んでいるため、コンクリートなどに比べ高い断熱性をもっています。また、使う木の厚さを調節したり、断熱性の高い外壁、屋根を採用するなど、様々な工法(※)を組み合わせることで、夏涼しく、冬暖かい空間を作り出せます。

 

※温熱環境設計、パッシブハウス、グリーンエア工法など

 

 

 

木がクッションになる(衝撃吸収作用)

小さなお子さんや高齢の方がいるご家庭では、ケガを心配されると思われますが、木の細胞が柔軟に変形しクッションのように衝撃を吸収してくれるので、床や壁に木を使うことは転倒などによるケガの防止にもつながります。

house030301

 

じつは火に強い?(防火作用)

木は燃えやすい性質をもっていますが、ある程度の太さや厚さがあれば、燃えても表面に炭化層をつくるだけで火は内部まで進行しないため、強度が低下しにくいと言われています。

また、ブラスチックなど、化学物質が含まれる素材が燃えると危険な有毒ガスが発生しますが、木の場合はそういうことがありません。

 

house030401

 

癒しの空間(リラックス作用)

それから何と言ってもリラックスできる空間であることですね。目に有害な紫外線を吸収してくれたり、音をやわらかく伝えたり、木の香りがリラックス効果をもたらしたり、健康に良い効果がたくさんあります。

house030501

 

 

1年後新居完成

 


 

森の達人たちインタビューもチェック!

「信頼が創り上げる 秩父材の家」 廣瀬正美さん

1 2 3

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林