秩父の木が家になるまで

丸太がどうやって材木になるんだろう?

原木から木材へ

山から出てきた丸太を製材所が調達する方法は何通りかありまして、自社の山や立木を買い取った山から直接搬出してくる方法や、近郊の場(げんぼくいちば)(秩父では秩父広域森林組合の木材センター)で買いつけてくる方法があります。その他には、お客様の持ち込みによる製材(き)(ちんびき)などもありますね。

 

秩父広域森林組合木材センター

 

木取りが命!いざ、製材

製材機(帯ノコ盤)

 

これは製材機といいます。台車に皮を剥いた丸太を乗せて、レールの上を行ったり来たりしながら、回転するベルトの様なノコギリ(ノコ)(おびのこ)に木を通して真っ直ぐに木を挽(ひ)く機械です。

 

木取りの例

一本の丸太からどんな部材をとるか決めることを、「り」(きどり)と言います。木の太さや曲がり方、乾燥の度合など、状態を見極めながら、どんな板や角材を一本の丸太から効率よく取っていくかが腕の見せ所ですね。

住宅の部材って色々種類がありますので、強度が必要なのか、見た目の美しさが必要なのか、部材に応じて挽くことが求められるんです。

 

木造軸組構法の構造

 

木材は乾燥がとっても大事

製材した後、木材を積み上げて乾燥を行います。木は、山に生えているときに、根っこから吸い上げた水分を多く含んでいて、製材後、乾燥が進むにつれ、収縮による変形が起きます。水分が多い「生」の状態で建築に使うと、家になってから乾燥が進むにつれて木材がゆがみ、問題を起こしかねません。だから乾燥はとっても大事なんですね。

木材の乾燥には2つの方法があって、1つはそのまま自然に乾燥するのを待つ「天然乾燥」と、もう1つが乾燥庫に入れて人工的に温度を上げて、短期間で水分を飛ばす「人工乾燥」です。ちなみに、乾燥庫のボイラーの燃料は、最初にむいた木の皮も使ってるんですよ。

 

人工乾燥を行う乾燥庫に入れられる木材

 

プレカットってなんだろう?

乾燥が終わったら、仕上げや寸法調整などをして、材木屋さんや工務店さん、プレカット工場等に出荷します。

 

プレカットとは、大工さんが建築現場で部材どうしを接ぐためにホゾ穴をつくったりする「み加工」(きざみかこう)を、あらかじめ工場で加工することをいいます。昔ながらの刻みをやっている大工さんももちろん健在ですが、プレカット材は現場で組み立てればいいので、工期も短縮することができるんですよ。

 

プレカット加工をされた部材

 

木材といっても姿はさまざま

丸太からそのまま切りだした木材を「」(むくざい)といいます。その他に、断面寸法の小さい木材を接着してつくる「」(しゅうせいざい)や、丸太を薄く剥いて貼り合わせた「」(ごうはん)など、木はさまざまな形で住宅に使われています。現在も、木を素材とした高い強度の建築材が開発されるなど、大きな建築物にもどんどん木を使っていこうという動きがあるんですよ。

 

秩父消防本部北・南分署2階廊下には集成材の梁が使われています

だいぶ勉強になったみたいだな感心、感心!んじゃいよいよ工務店で家づくりの話を聞いてんべぇ

 

次のページ「木を使った家ってきもちいい!」

 


 

森の達人たちインタビューもチェック!

「創業100年、挑戦し続ける老舗企業」 小池文喜さん

1 2 3

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林