秩父の木が家になるまで

森さん一家物語 秩父の木でマイホームをつくろう!

(※)はじめよう!「木育」

秩父市では、ウッドスタート事業として誕生祝い品に木のおもちゃをプレゼントしています。

 

 

秩父の山からどうやって木がでてくるんだろう?

頼りになります!スギとヒノキ

日本の住宅で使われる国産材は、主に植林されたスギ、ヒノキなどが中心です。どちらも建築用材としてとても優秀な木で、古くから日本人の生活に深く関わってきた木ですね。

 

秩父市大滝のスギ・ヒノキ人工林

 

今、戦後に植林されたスギやヒノキなどの人工林の木が大きく育って、秩父地域も含め、日本各地で人工林が「」(きりしゅん)を迎えています。秩父にもたくさん人工林がありますから、日々、森林組合や生産業者さんが木を伐り出しています。

 

高性能林業機械(スイングヤーダ)

 

伐採から造材へ

木を伐り倒す作業は、多くの場合チェーンソーで一本一本行われます。山の木から木材として生まれ変わる第一歩ですね。

建築用材としての良い木の条件としては、あまり先細りしていないこと、断面が正円に近いこと、年輪の幅が小さく、目がつまっていること、節が少ないこと、腐りがないこと、キズがついていないことなどが挙げられます。

秩父の木は、気候や土地の条件から、他の地域の木と比べて強度の面で優れているといわれています。秩父材を使えば、丈夫で長持ちする家を作ることができるんですよ。

 

チェーンソーを使っての伐倒作業

 

木の枝をきれいに取り除いてから、1本の木を一定の長さに切っていく「り」(たまぎり)を行います。木は、細長い円錐形(えんすいけい)をしていて、下に行くほど太く、上に行くほど細くなっています。

例えば、住宅の柱として3m、土台として4m、通し柱として6m、梁(はり)として5mか6m、といったように、用途に合った長さで切り分けていきます。1本として同じ木はないので、どうすればその木を無駄なく使えるようにするかが、職人さんの腕の見せ所ですね。

 

造材の例

 

山からの搬出

玉切りされた丸太は、「」(やまどば)と呼ばれる道路わきの一時集積場所まで運ばれます。搬出には大きく2つの方法があって、トラックが通れる道路まで木を搬出するために、「作業道」という搬出などのための道を作ってクローラ()(りたい)付きの運搬車両等が丸太を運ぶ方法と、架線を張ってロープウェイのように丸太を吊って引っ張り出す方法()(さくどう)があります。

秩父の山は峻(きゅうしゅん)な場合が多いので、場所に応じて効率よい方法を選ぶことがとっても重要なんですよ。

 

作業道・索道

山土場に積み上げられた丸太は、丸太専用トラックに乗せ換えられて山を下りていきます。

 

 

 

 

 

そしたら今度は製材屋さんに行ってみるべぇ

 

次のページ「丸太がどうやって材木になるんだろう?」

 


 

森の達人たちインタビューもチェック!

「今、”木を売る”ということとは」 磯田彰さん

「手探りでつかむ 林業の未来」 山中敬久さん

1 2 3

  • ようこそ!森の活人へ
  • 森の活人たち
  • 森の達人たち
  • 秩父の木が家になるまで
  • 秩父木の駅プロジェクト
  • ちち森立木データマップ
  • 秩父のカエデ活用
  • 森林・林業データバンク
  • お知らせ
  • 伝言板
  • 木を使おう!私たちは「もくりかく」です
  • 埼玉森林管理事務所
  • 埼玉県
  • 秩父市
  • 横瀬町
  • 皆野町
  • 長瀞町
  • 小鹿野町
  • 秩父広域森林組合
  • 秩父地場産センター
  • 公益社団法人埼玉県農林公社森林局
  • 東京大学秩父演習林